ito/gyouseki - PukiWiki
Counter: 2630, today: 1, yesterday: 0

業績リスト

学術雑誌等(紀要・論文集等も含む)に発表した論文又は著書

査読有り

  1. Takahiro Ito, Shuichi Inokuchi, and Yoshihiro Mizoguchi, An abstract collision system, AUTOMATA-2008 (Luniver Press), pp 339-355, 2008年.
  2. Takahiro Ito, Shuichi Inokuchi, and Yoshihiro Mizoguchi, Abstract collision systems simulated by cellular automata, 3rd International Workshop on Natural Computing (IWNC 2008) Proceedings, pp 27-38, 2008年

査読無し

  1. 伊藤隆浩, 離散ビリヤードシステムについて, 若手の会セミナー2007講演論文集, pp 32-45, 2007年.
  2. 伊藤隆浩,セルオートマトンによって模倣される抽象衝突系, 若手の会セミナー2008講演論文集, pp 31-41, 2008年.

学術雑誌等又は商業誌における解説、総説

なし

国際会議における発表

口頭発表, 査読有り

  1. ○Takahiro Ito, Shuichi Inokuchi, and Yoshihiro Mizoguchi, An abstract collision system, EPSRC Workshop Cellular Automata Theory and Applications, Bristol, United Kingdom, 6月2008年

国内学会・シンポジウム等における発表

口頭発表, 査読無し

  1. ○伊藤隆浩, 離散ビリヤードシステムについて, 情報処理学会九州支部 若手の会セミナー2007, 佐賀県唐津市, 9月2007年
  2. ○伊藤隆浩, セルオートマトンによって模倣される抽象衝突系, 情報処理学会九州支部 若手の会セミナー2008, 福岡県福岡市東区大字勝馬1803-1, 9月2008年
  3. ○Takahiro Ito, Shuichi Inokuchi, and Yoshihiro Mizoguchi, Abstract collision systems simulated by cellular automata, 3rd International Workshop on Natural Computing (IWNC 2008), Yokohama, Japan, 9月2008年.

特許等

なし

Links

論理と計算

ito

ito/(ymken)Papers 論文・プレゼンテーション資料 (ゼミ内)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSSPDF
Last-modified: 2008-10-31 (金) 14:32:22 (3246d)