Graphviz - PukiWiki

HaskellのGraphクラスとGraphvizの使い方

  • Haskellからのグラフ描画 -- Graphvizの使い方 --
    HaskellのGraphオブジェクトからdotファイルを作成し,
    dotty または lneato を呼び出して表示する関数 dotDisplay
    dotty_program = "dotty "
    -- dotty_program = "lneato "
    dotDisplay ::(Show a,Show b)=>FilePath -> (Gr a b)-> IO ExitCode
    dotDisplay base g = let dotfile = base ++ ".dot" in
     do writeFile dotfile $ gx g
        system (dotty_program ++ base ++ ".dot")
           where gx g = graphviz g base (8.5,11) (1,1) Portrait
  • グラフの例
    • kngraph 10 3 で作成したグラフをdot(左図)とneato(右図)で描画したもの.
      k10.png
      k10n.png
    • dotファイルの中身
      digraph k10 {
      	1 -> 2
      	1 -> 3
      	1 -> 4
      	2 -> 3
             .. (途中省略) ..
      	9 -> 10
      	10 -> 1
      	10 -> 2
      	10 -> 3
      }

関連ページ

リンク

Counter: 10031, today: 1, yesterday: 0

添付ファイル: filek10n.png 1034件 [詳細] filek10.png 1139件 [詳細] filegraphviz.pdf 2641件 [詳細] filegraphviz.lhs 1529件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSSPDF
Last-modified: 2006-12-04 (月) 00:32:11 (3944d)